昭和の頃の日本はこんなんだった

紀伊半島の風景

  • HOME »
  • 紀伊半島の風景

 

 

紀伊半島の風景本文はこちらからご覧下さい

 

下北山村・上北山村・十津川村・北山村・熊野市・新宮市・田辺市など
各自治体ごとにカテゴリ分けをしています

最近の写真を中心とした風景や行事等で
筆者の住んでいる奈良県下北山村と隣の和歌山県北山村が中心になります

紀伊半島は歴史と神話の土地であり日本最大の半島でもあります。
2004年に世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」は、紀伊半島を縦横に連なる標高1,000~2,000mの紀伊山地の「吉野・大峯」、「熊野三山」、「高野山」三つの「山岳霊場」とそこに至る「参詣道」により構成されています。

「吉野・大峯」は紀伊山地の最北部に位置し、山岳修行の場であり修験道の中心的聖地として多くの修験者が行き交いました。

「熊野三山」は紀伊山地の南東部に位置し、「熊野本宮大社」、「熊野速玉大社」、「熊野那智大社」の三つの神社と「青岸渡寺」及び「補陀洛山寺」の二つの寺院から構成され、「青岸渡寺」及び「補陀洛山寺」は、「熊野那智大社」と一体となって発展してきた寺院で、神仏習合の形態をよく保っています。

「高野山」は816年に空海が真言密教の山岳修行道場として創建した「金剛峯寺」を中心とした霊場になります。

「参詣道」は三霊場の信仰が盛んになるにつれて形成された「大峯奥駈道」、「熊野参詣道」、「高野山町石道」三つの道で、これらは人々が下界から神仏の宿る浄域に近づくための修行の場として「大峯奥駈道」は、「吉野・大峯」と「熊野三山」の二大霊場を結ぶ山岳道で修験道の最も重要な修行の場です。

「熊野参詣道」は、「熊野三山」に参詣する道で、関西方面から多くの参詣人が歩いた「中辺路」と「高野山」との間を結ぶ「小辺路」そして紀伊半島の南部の海沿いを行く「大辺路」、伊勢神宮との間を結ぶ「伊勢路」からなっています。
また「高野山町石道」は一町ごとに町石が立つ道で、高野山下の慈尊院から高野山奥院にかけて空海が開設しました。

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 大台情報システム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.