昭和の頃の日本はこんなんだった

貴方の町の風景印と郵便局

  • HOME »
  • 貴方の町の風景印と郵便局

貴方の町の風景印と郵便局本文はこちらからご覧ください

全国の郵便局に行きポスト型ハガキに風景印を捺印し、局の写真と共に紹介しますが現在も増え続けています。
都道府県ごとにカテゴリ分けしています。

風景印の正式名称は、風景入通信日付印といい
日本で最初の風景印は昭和6年7月7日に逓信省告示で制度が創設され、7月10日に富士山郵便局「現在の富士山頂郵便局」と富士山北郵便局「昭和38年閉鎖」で使用が開始されましたが、当時は「名勝史跡等に因メル図案ヲ挿入シタル通信日附印」と呼ばれていました。

名所旧跡等の図柄が描かれている風景印は大きさが直径36mm以内と決められていますが、形については円形以外に変形もあり、簡易郵便局や分室を含めると約24,540の郵便局のうち約11,000の郵便局に設置され、約1,100ある日本郵便支店には殆どが設置されています。

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 大台情報システム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.